• 検索ガイド>>

    • 合同出版について
    • 地図・連絡先
    • プロダクション・ライターの方へ
    • 合同出版からのお知らせ
    • イベント情報
    • LINK
    • 常備店・特約店
    • 企画募集・人材募集
    • 自費出版のご案内
    トップページ >書籍/教材キット >書籍
    イラスト版人前で話すこつ--子どもの発表力をのばす52のワーク

    イラスト版人前で話すこつ--子どもの発表力をのばす52のワーク



    商品コード: 978-4-7726-1341-5

    海野美穂 [著]
    サイズ:182mm×257mm
    発行日:2018.03.15
    ISBN:978-4-7726-1341-5
    ページ数:120ページ
    Cコード:C2037

    【以下のショップでもご購入できます。】
    amazon  e-hon  HonyaClub  セブンネットショッピング  JUNKUDOネットストア  紀伊国屋書店BOOKWEB  TSUTAYAオンライン  ビーケーワン  ブックサービス

    販売価格(税抜) 1,800 円

    個  数 :

    カゴに入れる

    本書紹介

    ・みんなの視線に手はブルブル、膝はガクガク
    ・準備したのに本番で頭が真っ白
    ・はずかしくて顔を上げられない
    ・原稿を棒読みしてしちゃう
    ・早口で一気にしゃべっちゃう
    そんな子でもできる、みんなでできる、たのしい話し方のワークを紹介。
    人前が苦手みんなが聞きたくなる発表ができるよ。
    大人も子どももいっしょに、たのしく発表力を身につけよう!

    目次

    読者のみなさまへ
    CHAPTER 1 基礎編 プレゼンすることに慣れよう
    ●心も体もリラックスしてプレゼンしたい!
    1 きょうは作文発表会。朝からゆううつ…
    2 あと2人でわたしの番! 不安でしかたない
    3 心臓がドキドキしちゃう
    4 緊張しすぎて、息ができない!
    5 冷や汗が出てくる! どうしよう!
    6 手が冷つめたくてふるえちゃう…。原稿ちゃんともてるかなあ
    7 ついに出番! 膝がガクガクしちゃう
    8 みんなが見てる! 頭が真っ白になっちゃいそう

    ●みんなに聞こえる声で、ハキハキとプレゼンしたい!
    9 「声が小さすぎて聞こえません」っていわれちゃう
    10 語尾まで息がつづかない
    11 緊張して声がふるえちゃう
    12 聞き取りやすい声で、ハキハキと音読したい!

    ●照れずに自然な笑顔と身振り手振りでプレゼンしたい!
    13 どうしよう! 今度の学芸会、セリフがあるよ…
    14 発表のときの顔がどんよりしている
    15 発表中にヘラヘラして怒おこられた!
    16 発表中ついモゾモゾ動いちゃう
    17 話すことでせいいっぱい! 身ぶり手ぶりなんてつけられないよ
    18 動きが固いっていわれちゃった

    ●まちがえずにスラスラプレゼンしたい!
    19 練習しているのに! なん度どやってもつっかえちゃう
    20 どこを読んでいるのかわからなくなっちゃう
    21 練習とちがう動きをしたらつっかえちゃった
    22 言いたいことがうまくことばにできない
    23 教室が変わるとうまく話せなくなっちゃう
    24 つっかえるとつづきを話せなくなっちゃう

    コラム 腹式呼吸でハリのある声を出そう

    CHAPTER 2 実践編 ハプニングがあっても落ちついて乗り切ろう
    ●予想外のハプニング、どうしたらいいんだろう
    25 授業参観日。急にガラガラと教室のドアがあいてど忘れ!
    26 発表中にいきなり質問されちゃった!
    27 あとからいい忘れに気がついた!
    28 原稿が1枚足りない! なんとか間をもたせなきゃ

    ●なにごとにも動じない自分になりたい
    29 発表の順番をくじで決めたら、1番目になっちゃった!
    30 パニックになりたくないと思ったらパニックになっちゃった!
    31 原稿をうまくめくれなくてパニックになっちゃった!
    32 発表中に友だちと目があって、急にはずかしくなっちゃう
    33 ガチャン! ふで箱が床に落ちる音にびっくりしてセリフが飛んじゃった!

    ●本番中の不安を克服したい
    34 みんなの視線を一気にあびて、からだがガチガチになっちゃった
    35 教室のどこを見て話せばいいのかわからない
    36 リアクションが少ない。わたしの発表ってつまらないの!?

    コラム 滑舌アップ大作戦!

    CHAPTER 3 応用編 みんなを引きこんでプレゼンをもり上げよう
    ●みんなの反応を引き出そう
    37 「間」をとると、聞き手はうなずきやすい!
    38 リアクションをしてくれたら、3倍返しをしよう
    39 テンションを高めて最後まで話をもり上げよう!
    40 呼かけをして、みんなに参加意識をもってもらおう
    41 クイズでもっと話し合いをもり上げよう

    ●みんなを楽しませよう
    42 会話でドラマチックに説明しちゃおう!
    43 あいさつの仕方を工夫して反応を引き出そう
    44 メンバーを教室に配置してもり上げよう!
    45 先生のまねをして教室を歩いてみよう!
    46 みんなが知っている話題を発表に盛り込もう

    ●最高の聞き手になろう
    47 笑顔3秒キープで発表者を応援しよう
    48 30度のうなずきで共感をとどけよう
    49 前のめりに座ろう
    50 みんなで声をかけよう
    51 「イエス! アンド」で聞こう!

    コラム 豊かな表情で魅力的なプレゼンをしよう!

    参考になる本
    あとがきにかえて

    作者紹介

    海野美穂(うんの・みほ)
    役者脳™トレーナー
    1987年、新潟県出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。
    演劇活動:9年
    高等学校演技講師:3年半
    活動理念:「演劇を応用して世の中に役立てる」「すべての小・中・高校にスピーチ科目を創設する」

     小学生のころは、人前で話すことが極端に苦手で、直前になると動悸が激しくなり、話した内容も覚えていないほどだった。このころから、上手に話せるクラスの友だちと自分との違いを、徹底的に分析しはじめる。
     高校に進学し、演劇部に入る。“役者として舞台に立つためのトレーニング”を毎日積むことで、人前で話すことの苦手意識を克服する。この経験がキッカケとなり、演劇は役者だけでなく、教育や医療福祉、ビジネスにも役に立つのではないかと考え、日本大学芸術学部に入学。
     大学卒業後も舞台役者として活動するものの、24 歳で負傷し、引退。芸術高校の演技講師となる。演劇のトレーニングが、子どもの発表力を劇的に向上させていることに気づく。
     次第に、起業家や教員の友人から「プレゼン・発表を教えてほしい」と頼まれるようになり、トレーニングを体系化。「役者脳™トレーニング」として、経営者・起業家・講師・教師業の方向けにスピーチ・コンサルティングをする一方、小学校でのスピーチ講座や教職員向けの講演などもおこない、教育界にも活動の幅を広げている。役者脳™トレーニングとは、舞台役者がおこなう「人前に立つためのトレーニング」を土台にした、「話し手の魅力を引き出し、聞き手の心をつかむスピーチトレーニング」である。一般的な「話し方」ではなく、「話し手の感情を動かすことで、聞き手の心も動かす」ことをコンセプトとしている

    ★ホームページ
    ★Twitter

    ページTOPへ
    運営会社 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | お問合せ | ご利用ガイド   © 2010 合同出版 All rights reserved.
    • 合同出版
    •    合同フォレスト