• 検索ガイド>>

    • 合同出版について
    • 地図・連絡先
    • プロダクション・ライターの方へ
    • 合同出版からのお知らせ
    • イベント情報
    • LINK
    • 常備店・特約店
    • 企画募集・人材募集
    • 自費出版のご案内
    トップページ >書籍/教材キット >書籍
    コワい生き物のすごいひみつ ❸不気味な生き物はすごい!

    コワい生き物のすごいひみつ ❸不気味な生き物はすごい!



    商品コード: 978-4-7726-1328-6

    新宅広二 [監修]/高橋剛広 [著]
    サイズ:210mm×257mm
    発行日:2018.03.15
    ISBN:978-4-7726-1328-6
    ページ数:48ページ
    Cコード:C8645

    【以下のショップでもご購入できます。】
    amazon  e-hon  HonyaClub  セブンネットショッピング  JUNKUDOネットストア  紀伊国屋書店BOOKWEB  TSUTAYAオンライン  ビーケーワン  ブックサービス

    販売価格(税抜) 2,800 円

    個  数 :

    カゴに入れる

    本書紹介

    みなさんは「コワい生き物もの」と聞くと、どんな生き物を想像しますか? ヒグマやトラのような凶暴な生き物もの? サソリや毒ヘビのような猛毒をもつ生き物もの? それとも、ゲジやミミズのような不気味な生き物ものでしょうか? たしかにどれもコワいですよね。
    でも、これらの生き物はコワいばかりではありません。じつは、すぐれた能力や意外な素顔をもっているのです! そんな「コワい生き物のすごいひみつ」をじっくり見ていきましょう。

    目次

    はじめに
    この本の使い方
    この不気味はパーツはだれのもの?
    どうして不気味に感じるの?
    不気味な姿の理由は?
    ゲジ 〔オオゲジ〕
    ヤスデ 〔アフリカオオヤスデ〕
    クモ 〔アシダカグモ〕
     世界三大奇虫
     世界三大奇虫ってなに?
    ゴキブリ 〔ヨロイモグラゴキブリ〕
    ナメクジ 〔バナナナメクジ〕
    ミミズ 〔シーボルトミミズ〕
    コウガイビル 〔オオミスジコウガイビル〕
    ラブカ
     深海生物の仲間
     深海生物はなぜ不気味なものが多い?
    コモリガエル
    メキシコサンショウウオ
    マタマタ
    ミツユビアホロテトカゲ
    オーストラリアガマグチヨタカ
    ハダカデバネズミ
    アイアイ
    おわりに
    さくいん

    作者紹介

    新宅広二(しんたく・こうじ)[監修]
    生態科学研究機構 理事長専門は動物行動学と教育工学。大学院修了後、上野動物園勤務。その後、国内外のフィールドワークを含め400 種類以上の野生動物の生態や飼育方法を修得。狩猟免許ももつ。大学で20 年以上教鞭をとる。監修業で国内外のネイチャー・ドキュメンタリー映画や科学番組など300 作品以上をてがけるほか、動物園・水族館・博物館のプロデュースも実績がある。著書は『すごい動物学』(永岡書店、2015)など多数。

    高橋剛広(たかはし・たけひろ)[著]
    有限会社エヌ・シー 熱帯倶楽部 マネージャー
    物心ついた頃から生き物全般に興味をもち、つねに生き物に囲まれながらくらす。高校卒業後は料理の道へ進み専門学校へ進学・卒業。その後、製菓・イタリア料理を経て、ペット業界の道へ進み現在にいたる。また、家では100 匹近くの生き物とくらし、そのジャンルは、犬・猫・小動物・は虫類・両生類・鳥類・猛禽類・魚類とさまざま。ただし、カエルだけはコワい。

    ページTOPへ
    運営会社 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | お問合せ | ご利用ガイド   © 2010 合同出版 All rights reserved.
    • 合同出版
    •    合同フォレスト