• 検索ガイド>>

    • 合同出版について
    • 地図・連絡先
    • プロダクション・ライターの方へ
    • 合同出版からのお知らせ
    • イベント情報
    • LINK
    • 常備店・特約店
    • 企画募集・人材募集
    • 自費出版のご案内
    トップページ >書籍/教材キット >書籍
    子どものこころの発達を知る8 非行と反抗がおさえられない子どもたち--生物・心理・社会モデルから見る素行症・反抗挑発症の子へのアプローチ

    子どものこころの発達を知る8 非行と反抗がおさえられない子どもたち--生物・心理・社会モデルから見る素行症・反抗挑発症の子へのアプローチ



    商品コード: 978-4-7726-1151-0

    富田拓 [著]
    サイズ:148mm×210mm
    発行日:2017.12.25
    ISBN:978-4-7726-1151-0
    ページ数:252ページ
    Cコード:C0037

    【以下のショップでもご購入できます。】
    amazon  e-hon  HonyaClub  セブンネットショッピング  JUNKUDOネットストア  紀伊国屋書店BOOKWEB  TSUTAYAオンライン  ビーケーワン  ブックサービス

    販売価格(税抜) 1,800 円

    個  数 :

    カゴに入れる

    本書紹介

    非行は精神障害としてとらえられるのか?
    精神医学的な働きかけがどの程度有効なのか?
    環境や対人関係、性格はどのようにその子に影響を与えるのか?
    心理、教育、社会の観点を通して問題提起にあふれた本。

    もくじ

    第1章 非行・反抗に「素行症」「反抗挑発症」の診断をつける
    1 素行症とは何か ………13
    2 反抗挑発症とは何か ………25
    3 間欠爆発症 ………32
    4 反社会性パーソナリティ障害 ………38
    5 放火症・窃盗症 ………44
    6 非行と素行症はどう違う? ………47
    7 素行症と診断した医師に聞いておきたいこと ………49

    第2章 素行症・反抗挑発症と関わりの深い要因は何か? 生物・心理・社会モデル
    1 生物学的な要素と併存症 ………57
    2 心理的な要素 ………115
    3 社会的な要素 ………137
    4 レジリエンスという考え方 ………143
    5 1つの原因では非行は起こらない ………144

    第3章 見立て
    1 素行症・反抗挑発症の診断と見立て ………148
    2 見立ての実際の手順 ………149

    第4章 働きかけの基本
    1 基本的な考え方 ………164
    2 生物学的な面への働きかけ─薬物療法 ………172
    3 心理的な面への働きかけと社会的な面への働きかけ ………178
    4 家族ができること・施設の職員ができること ………183
    5 地域にある資源 ………193
    6 専門施設ができること─非行少年のための入所型施設の実際 ………202

    第5章 再非行防止と非行の予防にむけて
    1 3次予防─再発(再非行)の防止 ………208
    2 重大事件と向き合う ………211
    3 発達障害を持つ非行児の贖罪 ………215
    4 2次予防─非行の早期発見・早期対応 ………217
    5 1次予防─非行の事前予防………218
    6 諸外国の非行予防策とその経済的側面 ………222
    7 日本における非行の予防 ………223
    8 特異な重大事件の予防 ………225
    9 日本の非行対策の問題点 ………228
    10 少年法対象年齢引き下げの動きと施設文化の違い ………230

    おわりに ………234
    参考文献 ………236

    作者紹介

    富田拓(とみた・ひろし)
    1961年長崎県佐世保市生まれ。精神科医、医学博士。筑波大学卒。同大学院にて犯罪精神医学を学び、児童自立支援施設である国立武蔵野学院を経て北海道家庭学校へ。掬泉寮寮長を務める。その後国立武蔵野学院医務課長、現在国立きぬ川学院医務課長。著書に『児童生活臨床と社会的養護(金剛出版)』等。

    ページTOPへ
    運営会社 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | お問合せ | ご利用ガイド   © 2010 合同出版 All rights reserved.
    • 合同出版
    •    合同フォレスト